TEL:0721-55-3710 近鉄長野線『汐の宮」駅より北へ徒歩5分

血液専門外来

血液専門外来とは

血液は、酸素を運搬する赤血球、細菌やウイルスなどの病原体と戦う白血球、出血を止める血小板などで構成されています。これらは、人間が生きていくために不可欠なものです。血球の数が減少したり、機能が低下したりすると、命にかかわる危険な状態にもなりかねません。

血液専門外来は、このような重要な役割を担っている血液の病気を扱う診療科です。

血液専門外来で扱う疾患

血液の病気全般の診療を行っています。主な対象疾患としては、急性白血病、慢性骨髄性白血病、骨髄増殖性腫瘍、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群、再生不良性貧血、自己免疫性溶血性貧血、悪性貧血、鉄欠乏性貧血、免疫性血小板減少症(ITP)、血友病などがあります。血液専門外来で扱う疾患には、いわゆる難病と呼ばれる疾患が少なくなく、それだけに診断と治療には専門的な知識と経験が必要となります。

こんな症状は、早めにご相談ください。
  • よく熱がでる
  • つかれやすい
  • 息切れがする
  • 血が止まりにくい
  • あざや内出血ができやすい
  • 鼻血がよく出る
  • 健康診断で血液の異常値を指摘された など

主な疾患について

白血病
血液の製造工場である骨髄(骨の中心部にある造血組織)において異常な細胞(白血病細胞)がどんどんつくられる病気で、「血液のがん」とも呼ばれています。骨髄で白血病細胞が増え、骨髄を占拠するため、正常な血球が作れなくなります。すると、体中に酸素を運んでいる赤血球が減少して、だるさ、息切れ、動悸といった症状が起こりやすくなります。白血球が減少すると、外から侵入してくる病原体への抵抗力が弱まり、肺炎などの感染症にかかりやすくなります。血小板も減少するため、血が止まりにくくなって鼻出血や歯肉からの出血を起こしたり、何もしていないのにあざ(紫斑)ができたりします。また、白血病細胞がさまざまな臓器に浸潤(侵入)して、臓器を障害することもあります。診断にあたっては、血液検査や骨髄検査が行われます。治療に関しては、抗がん剤を中心とした化学療法と輸血などの支持療法に加え、難治例では骨髄移植や臍帯血移植などの造血幹細胞移植も行われます。
悪性リンパ腫
悪性リンパ腫は、リンパ系組織から発生する腫瘍(がん)です。リンパ系組織とは、リンパ節、胸腺、脾臓、扁桃腺などから成り、白血球の一種であるリンパ球から構成されています。リンパ系組織は全身に分布しているため、悪性リンパ腫は全身に発生する可能性があります。症状としては、リンパ節の腫れ、特に首のリンパ節の腫れがよく見られます。その他、発疹、しこり、様々な場所の痛みで発見されることもあります。全身的な症状として、発熱、寝汗、体重減少を伴うことがあります。診断にあたっては、血液検査、画像検査(CT、MRI、PETなど)、リンパ節生検、骨髄検査などが行われます。治療に関しては、そのタイプと進行度に応じて、放射線療法、化学療法(抗がん剤)、モノクローナル抗体療法、造血幹細胞移植などが行われます。
多発性骨髄腫
多発性骨髄腫は、骨髄において「形質細胞」が腫瘍化する病気で、中高年者に多く見られます。形質細胞は、本来は抗体(免疫グロブリン)を産生する細胞です。しかし、多発性骨髄腫になると異常な抗体(M蛋白)を産生し、正常な抗体の量は、むしろ少なくなります。そのため、免疫力の低下を招いてしまいます。
多発性骨髄腫の最も一般的な症状は、背中や腰の痛み(骨痛)、貧血による倦怠感です。ただし、初期には症状が乏しいため、健診などで偶然に発見されることもあります。診断にあたっては、血液検査、尿検査、画像検査(X線、MRI、PETなど)、骨髄検査などが行われます。治療に関しては、主に化学療法(抗がん薬、分子標的薬)、放射線療法などが行われます。
貧血
赤血球の中の赤い組織であるヘモグロビンは、肺で取り込んだ酸素を全身の細胞に供給する大切な役目を担っています。このヘモグロビンが少なくなってしまい、全身に十分な酸素を供給できなくなってしまった状態を貧血と言います。
貧血を招く疾患には様々なものがあります。けがや病気のために血管が破れて出血すると、血液が失われるため、貧血を起こします(出血性貧血)。ヘモグロビンをつくるための材料である鉄やビタミンなどの欠乏から起こることもあります(鉄欠乏性貧血、巨赤芽球性貧血)。赤血球は骨髄でつくられ、約120日間の寿命がありますが、その途中で壊れて溶けてしまうことがあります。これにより赤血球の生成が追いつかなくなると貧血を起こします(溶血性貧血)。この他にも、いくつかの型の貧血が知られています。
貧血の主な症状には、めまい、立ちくらみ、動悸、息切れ、疲れやすいなどがあります。
診断は主に血液検査によって行われますが、ケースによっては原因を詳しく調べる必要が生じてきます。
治療法は原因を取り除くことで、原因によってそれぞれ異なってきます。
血小板の異常
血液中の血小板は、血管が破れて出血すると、破れた箇所に集まって固まり、止血する働きをしています。
血液中の血小板数が著しく低下すると、出血をきたしやすくなります(ITPなど)。また、数量が著しく多くなると逆に血液が固まりやすくなり、血液が固まってできた血栓が血管をふさいで脳梗塞や心筋梗塞などを発症する危険性が高くなります(多血症、本態性血小板血症など)。さらに血小板の機能が異常となり、数量があっても止血効果が小さくなることもあります(血友病など)。
こうした血小板の異常な増減や凝集能力の異常には、重い病気が隠れていることが少なくなく、精密検査を受け、適正な診断と最適な治療を受けることが大切です。

初診の方の事前予約受付はこちら

スタッフ募集

プラセンタ療法